TOP > 広報 >

東日本大震災における臨床検査支援活動

平成24年9月

一般社団法人 日本臨床検査医学会
理事長 村田 満
東日本大震災対策員委員会
委員長 坂本秀生

「東日本大震災における臨床検査支援活動 記録と提言」の発行について

 日本臨床検査医学会では、東日本大震災で被害を受けた地域への支援として、東日本大震災対策員委員会を発足し、臨床検査支援活動を行なって参りました。この度、その支援活動の報告と臨床検査支援への提言を含んだ冊子を作成致しました。
 本冊子では学会として臨床検査支援活動の全体像を報告し、次いで被災地の大学および大学病院よりのご報告を掲載致しました。続いて支援を受けられた施設、被災地にて臨床検査技師のボランティア活動についてもご寄稿を頂きました。加えて、衛生検査所、臨床検査に関わる企業など、今回の臨床検査支援活動に関与された多くの関係諸氏の記録を含んでおります。災害後の医療支援では臨床検査支援も有益であると考え、今回の支援で得た経験を元に臨床検査支援に関する提言も作成致しました。
 冊子を電子化し本会ホームページへ掲載致しましたので、災害対策にご活用していただければ幸いに存じます。
 作成に当たり、ご協力を賜りました皆様にはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

敬具