TOP > 委員会 >

熊本地震対策委員会

(上記pdfファイルにはパスワードがかかっていますので学会事務局にお問い合わせください。なおご利用の機種によっては表示されない場合があります)

⇒人的支援については日臨技のHPをご覧ください

熊本地震対策委員会の設置について

平成28年4月18日

日本臨床検査医学会
会員 各位

日本臨床検査医学会
理事長 矢冨 裕

熊本地震対策委員会の設置について

このたびの熊本県を中心として発生しました大地震において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い余震の収束と災害からの復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

日本臨床検査医学会におきましても、臨床検査を通じた支援を積極的に推進していく所存です。
このたび、〆谷直人担当理事・委員長(国際医療福祉大学熱海病院)、坂本秀生副委員長(神戸常盤大学)を中心として「熊本地震対策委員会」を設置いたしました。
今後、同委員会が中心となって日本臨床衛生検査技師会や日本臨床検査薬協会など臨床検査関連の諸団体と協力し、熊本県ならびに大分県の被災地における臨床検査の支援に尽力し、日本臨床検査医学会としても全力を挙げてサポートする体制で臨みます。


会員の皆様におかれましては、本活動に関連する情報やご提案があれば、事務局までお寄せください。熊本地震対策委員会の活動に反映させていただきます。

今後とも、本学会の活動にご理解とご協力を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。


委員長(担当理事):〆谷直人(国際医療福祉大学熱海病院)

副委員長 :坂本秀生(神戸常盤大学)

委 員 :奥田優子(東邦大学医療センター大森病院、JJCLA POC 技術委員会事務局長)

委 員 :山崎家春(東京医科大学)

委 員 :山田 修(岡崎市民病院)

委 員 :松本祐之(名古屋大学医学部附属病院、JAMT 副会長)

委 員 :池田義勝(熊本大学医学部附属病院)

委 員 :小林 隆(栄研化学株式会社)

委 員 :岡 尚人(ラジオメーター株式会社)

オブザーバー :松井啓隆(熊本大学大学院)


当委員会の活動内容:

  • (社)日本臨床検査薬協会の協力を得て、「臨床現場即時検査」であるPOCT機器・試薬の提供ならびに貸与を行い、積極的に支援してまいります。
  • 先の東日本大震災での支援活動の経験から、医療スタッフのいる救護所ならびに臨時診療所などに支援を行います。「東日本大震災における臨床検査支援活動-記録と提言」 http://jslm.org/books/earthquake/all.pdf

今後、当ホームページにて活動情報を順次お知らせいたします。