TOP > 委員会 >

臨床検査点数委員会

<担当理事:東條尚子 委員長:古川泰司>

委員構成(2018・2019年度)

担当理事:東條尚子(三楽病院)/委 員 長:古川泰司(帝京大)
委  員:赤坂和美(旭川医大),福地邦彦(昭和大),松村敬久(高知大),三橋知明(埼玉医大総合医療センター),吉田博(慈恵医大),
     米山彰子(虎の門病院),矢冨裕(東京大)
アドバイザー 渡辺清明(東京臨床検査医学センター)

活動内容

保険診療、特に診療報酬における臨床検査の評価を向上させることを目標に活動しています。

新規保険収載検査項目

「臨床病理」に掲載された「新規保険収載検査項目の解説」です。
この原稿は、本学会から派遣されている日本医師会疑義解釈委員会委員に提供いただいています。
新規保険収載検査項目の解説一覧 NEW

診療報酬改定について

平成28年度診療報酬改定‐検査に関わる変更点の解説‐(臨床病理64:1395-1400,2016)
平成26年度診療報酬改定‐検査に関わる変更点の解説‐
平成24年度診療報酬改定‐検査に関わる変更点の解説‐
平成22年度診療報酬改定‐検査に関わる変更点の解説‐
平成20年度診療報酬改定‐検査に関わる変更点の解説‐(臨床病理56:627-635, 2008)
平成18年度診療報酬改定‐検査に関わる変更点の解説‐(臨床病理54:421-430,2006)
平成18年度診療報酬改定‐検査に関わる変更点の解説‐訂正と追補(臨床病理54:526-530,2006)

お知らせ